一般貨物新規の役員法令試験対策、その後の顧問契約について

博多駅すぐの運送業専門行政書士の松藤です。まだまだ暑いですね。水分補給大事です。

さて、一般貨物の新規許可取得かかる役員法令試験の対策を実施しました。
有難いことに、最近は福岡だけではなく九州各県からご依頼いただきます。次は11月ですね。私たちは基本的にマンツーマンで行いますので、比較的受講生の皆さんのお時間に合わせることができます。まずはお気軽にお問い合わせください。

下記写真は講座中の様子(15時)。朝から真剣なテンションで行うため、夕方近くのこの時間は受講者の方は大体お疲れ気味になられます。一見散らかっているようにも見えますが、知識をフル活用し真面目に受講されている証拠ですね!
これも合格のため、そして一日も早く緑ナンバーをつけて走り出してもらいたいがため、私も真剣です。あと少し受講者さんと一緒に頑張ります。もちろん私たちは今日だけでなく試験当日までサポートします。

そして今回は法令試験対策講座に加え、許可の取得後の顧問契約まで併せてご依頼いただきました。

緑ナンバーを取得すると、定期的な運送業の報告やトラックを増やしたり車庫や営業所を移したりしたときに届出・認可などの手続が必要です。これらを怠ると行政処分の対象になります。上記の顧問契約は、当事務所がそれらの継続的なサポートを承るものです。事業者様には大変ご好評頂いております。「松藤さん、今後も手伝ってよ」と言われるのは、私としても法令試験対策でご一緒させて頂いた皆さんを引き続きサポートさせて頂くのは大変嬉しい限りです。(戦友のような感じです)

一方で当事務所では運送業の届出ひとつより喜んで承ります。どうぞお気軽にご相談ください。

感染症対策に万全を期しての対面講座です

Follow me!